BIOGRAPHY

三宅伸治プロフィール

プロフィール画像
本名:三宅伸治(みやけしんじ)
生年月日:1961年3月8日(うお座)
出身地:宮崎県
血液型:A型

ブルースやソウルに根ざしたロックンロールを歩み続けるヴォーカリスト/ギタリスト。

1987年に「BACKしよう」(MOJOCLUB)でデビュー。1989年東芝EMIよりメジャーデビュー。同時期、覆面バンドタイマーズとしても活動する。MOJOCLUB活動休止後はソロ活動を開始、全国各地で精力的にライブを行う。忌野清志郎をはじめ、仲井戸“CHABO”麗市、石田長生、木村充揮、有山じゅんじ、友部正人、山崎まさよし、ウルフルケイスケなど、様々なアーティストとユニットを組んでライブ活動を行ったり、数多くのセッションでイベントなどに参加。また忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUEDAY HORNSのバンマスとして活動し、清志郎氏との共作で楽曲も多く手掛けた。
2005年からスタートした三宅伸治バンド(大島賢治・高橋”Jr”知治)は、10周年を迎え、初アルバム「slave」を発売。定期的にツアーも行っている。
2012年から行われている出身地宮崎での口蹄疫からの再生・復活を目的としたイベント「希望と太陽のロックフェス」ではプロデュースも手掛ける。近年では石塚英彦や中村耕一など様々なアーティストのプロデュースも行う。
弾き語りからバンドスタイルと独自のロックンロール道を突き進むソロ活動は北は北海道から南は九州・沖縄まで年間160本にも及ぶライブを行い、その勢いから目が離せない。

1985 MOJO CLUB結成
1987 シングル『BACKしよう』(MOJO CLUB)でインディーズデビュー
1988 アルバム『A-LIVE』(MOJO CLUB)リリース
1989 ・シングル『ブギナイト』(MOJO CLUB/三宅伸治、谷崎浩章、杉山章二丸)で東芝EMIよりデビュー
・覆面バンド タイマーズとしても活動
1990 ・アルバム『社会復帰』『ホームシック』
・シングル『君が降りてきた夏』【ポカリスエットCMソング】
・『SAD SONG』(MOJO CLUB)東芝EMIよりリリース
・ビデオ『いても立っても』(MOJO CLUB)リリース
・SMI (S: 坂本冬美、M: 三宅伸治、I: 忌野清志郎)結成 SMIとしてライブ実施
1991 アルバム『GAME』シングル『真夏のGOOD TIMES ROLL』(MOJO CLUB)東芝EMIよりリリース
1993 シングル『走れ列車』(MOJO CLUB)FLAG ONよりリリース【JR九州CMソング】
1994 アルバム『THE MOJO CLUB』シングル『おくびょう風』(MOJO CLUB)メルダックよりリリース
1995 ・アルバム『HOUSE PARTY』シングル『手のなる方へ』(MOJO CLUB)メルダックよりリリース
・MOJO CLUBの活動を休止し、ソロ活動を開始
・ヒューストンズ(三宅伸治、甲本ヒロト<ex.ザ・ハイロウズ>等と)結成
1996 ・マキシシングル『パーティー・タイム』(MIYAKE SHINJI&THE TRAMP/三宅伸治、 高木克、橋本潤、伊東ミキオ、新井田耕造) 日本コロムビアよりリリース 【ほっかほっか亭CMソング】忌野清志郎、仲井戸“CHABO”麗市、ザ・ハイロウズ等、錚々たるメンバーが参加
・スクリーミング・レビュー (忌野清志郎、三宅伸治、藤井裕、富岡“GRICO”義広、厚見玲衣)結成
・スクリーミング・レビューとしてツアー全国22ヶ所、夏のイベント、秋の学園祭9ヶ所実施
1997 ・シングル『たたえる歌』(MIYAKE SHINJI &THE TRAMP)日本コロムビアよりリリース【ANB「あなあきロンドンブーツ」ED曲】
・アルバム『FREE TIME』(MIYAKE SHINJI &THE TRAMP)日本コロムビアよりリリース
・FM番組「三宅伸治の不真面目にいこう!」スタート
・「FREE TIME TOUR」全国8ヶ所実施
・シングル『プリズナー』(MIYAKE SHINJI &THE TRAMP)日本コロムビアよりリリース【ANB「ナイナイナ」OP曲】
・ライブビデオ『FREE “summer” TIME live』(MIYAKE SHINJI &THE TRAMP/下北沢CLUB QUEにて2DAYS LIVE収録)リリース
・シングル『鎮魂歌』(三宅伸治)日本コロムビアよりリリース
・「Rolling’&Tumbllin’」ツアー実施
・リトル・スクリーミング・レビュー(忌野清志郎、三宅伸治、藤井裕、富岡“GRICO”義広)結成
1998 ・ミニアルバム『SUN DOWN』(三宅伸治)、ミニアルバム『MOON RISE』(MIYAKE SHINJI & THE TRAMP)日本コロムビアよりリリース
・アルバム『615』(SHINJI MIYAKE &NASHVILLE CATS)日本コロムビアよりリリース
・エリアコード615~ベアフット・ジェリー、トニー・ジョー・ホワイト等、 三宅の尊敬するミュージシャン等とアメリカン・サウンドの聖地・米ナッシュビルにてレコーディング
・「BLUES PARADE」ツアー実施
1999 ・「SWAMP BOOGIE ’99」ツアー実施
・ライブビデオ『SWAMP BOOGIE ’99』(MIYAKE SHINJI &THE TRAMP/京都 磔磔 LIVE収録)リリース
・ソロライブ「EVERY WEDNESDAY」at 南青山MANDA-LA2
・アリゲーターズ(三宅伸治、内田勘太郎、新井田耕造)結成
・アリゲーターズとしてツアー実施
・ライブアルバム『アリゲーターズライブ~夜のワニ』(アリゲーターズ)P-VINEよりリリース
・ソロライブ「孤独の旅路」関西6ヶ所実施
・「1999 LAST TRAMP」ツアー実施
2000 ・忌野清志郎「リスペクト」武道館ライブ出演
・アルバム『HOME WORK』(MIYAKE SHINJI & THE TRAMP)リリース
・シングル『淋しい人』(三宅伸治)rice recordsよりリリース
・2枚組ソロアルバム『旅路』(三宅伸治)rice recordsよりリリース
・アルバム『友部正人プロデュース/ポエトリー・リーディング』出演
・アルバム『Music Planet~いいことがあるといいね』(三宅伸治プロジェクト)アンサンブルよりリリース
仲井戸“CHABO”麗市,木村充揮,甲本ヒロト,真島昌利,斉藤和義,仲野茂,松崎ナオ, anna 参加
2001 ・「三宅伸治BIRTHDAY LIVE」3DAYS at 京都磔磔
斉藤和義、仲井戸“CHABO”麗市、THE TRAMP等出演
・アルバム『Happy Days』(Miyake Shinji The Swamp Tramp/三宅伸治、 高木克、橋本潤、富岡 GRICO 義広) アンサンブルよりリリース
・『星のカービィー』OP曲作詞担当
・「ロックンロールジプシー2001」ツアー全国70ヶ所実施
2002 ・アルバム『Guitar’s Talk』(三宅伸治プロジェクト2)アンサンブルよりリリース
ウェインモス,忌野清志郎,友部正人,内田勘太郎,有山じゅんじ,鮎川誠,斎藤和義,花田裕之,土屋公平,手塚稔,高木克 参加
・「Guitar’s Talk発売記念ライブ」実施 忌野清志郎、鮎川誠<シーナ &ザ・ロケッツ>等出演
・イベント「春一番」ライブでトリを飾る
・スパイスマーケット結成(三宅伸治、忌野清志郎、泉谷しげる、Leyona) Fuji Rock他、夏のイベント出演
・ロックンロールジプシー2002」ツアー全国170本達成
・BIG BAND(三宅伸治、KETCHUP、BLACK BOTTOM BRASS BAND)結成
2003 ・「ロックンロールジプシー2003」ツアー開始
・毎年恒例ライブ「新春歌絵巻」をBIG BANDとして実施 斉藤和義、ウルフルケイスケ<ウルフルズ>等出演
・「三宅伸治BIRTHDAY LIVE」2DAYS at 東京初台 忌野清志郎、ウルフルケイスケ<ウルフルズ>等出演
・北海道にて「僕たちの展覧会」友部正人とジョイントライブ
・ライブアルバム『HARD TIMES LIVE!』(MOSAW)リリース
・ライブアルバム『Shinji Miyake & his BigBand LIVE!』(Shinji Miyake&his BigBand )リリース
・忌野清志郎アルバム『KING』共同プロデュース、楽曲提供
・忌野清志郎ツアー参加
2004 ・毎年恒例ライブ「新春歌絵巻」で片山広明をゲストに迎え、MOJO-CLUB復活ライブを行う
・ 名古屋・大阪・三重の3ヶ所で木村充揮<ex.憂歌団>と共演
・イベント「春一番」にMOJO CLUBで出演
・「ロックンロールジプシー2004」ツアー開始
・忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNSでフジロックフェスティバル他、夏イベント、野音2DAYS出演
・出身地宮崎県にてファンクラブの集いを実施
・ザ・ハリケーン(三宅伸治、高橋 Jr 知治、伊東ミキオ、世喰タツロウ)東名京ツアー実施
・イベント「ROCKIN’ON PRESENTS COUNTDOWN JAPAN」に忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNSで出演
2005 ・イベント「新春唄絵巻」に北川悠仁(ゆず)をゲストに迎え、ザ・ハリケーンで出演
・ロックンロールジプシー2005」ツアー開始
・忌野清志郎35周年イベント(パルコ劇場にて)出演
・イベント「吉祥寺音楽祭」にMiyake Shinji The Swamp Trampで出演
・イベント「ナ二ワサリバンショー」に忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNSで出演
・イベント「春一番」にMiyake Shinji The Swamp Trampで出演
・忌野清志郎、花田裕之、斉藤和義、Leyonaをゲストに迎え、イベント「EVERY WEDNESDAY」実施
・忌野清志郎アルバム『GOD』共同プロデュース、楽曲提供
・「2005 GOD Presents TOUR35」や 恒例の日比谷野音での「YAON35」に出演
・忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNSでイベント「フジロックフェスティバル」「ライジングサンロックフェスティバル」に出演
・イベント「ROCKIN’ON PRESENTS COUNTDOWN JAPAN」に忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNSで出演
2006 ・三宅伸治BAND(三宅伸治、高橋 Jr 知治、大島賢治)活動開始
・木村充揮デビュー30周年イベント「継続は力 ~オ・カ・ゲ・サ・マ・デ~」で木村充揮、甲本ヒロト、Leyona等と共演
・木村充揮アルバム「小さな花」「30th Party」楽曲提供
・イベント「春一番」でAZUMI、天野SHO、島田和夫、有山じゅんじと共演
・イベント「MUSIC DAY」「あらばきロックフェスティバル」に忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNSで出演
・忌野清志郎、友部正人、藤井裕、片山広明、杉山章二丸、川上剛、ガッツホーンズをゲストに迎え、イベント「EVERY WEDNESDAY」実施
・イベント「フジロックフェスティバル」に木村充揮 with三宅伸治とFRF ALL STARS (木村充揮、三宅伸治、橋本潤、富岡”GRICO”義広、白井幹夫、片山広明、梅津和時)で出演
・友部正人プロデュース「 LIVE! no media/世田谷編ミュージシャンによる詩の朗読会」に寺岡呼人、宮沢和史等と出演
・ゲストに大島賢治<ex.ザ・ハイロウズ>、NAOHを迎えカウントダウンライブ実施
2007 ・アルバム『BLUES’N ROLL』JUST LUCK RECORDSよりリリース
・木村充揮イベント「新春! 南吠える! !」に出演
・ギターマガジンにて、トニー・ジョー・ホワイトと対談、 ジャパンツアーライブにオープニングアクトとして出演
・「BLUES’N ROLL」発売記念ツアー実施/三宅伸治BAND(三宅伸治、高橋 Jr 知治、大島賢治、NAOH、厚見玲衣、渡辺隆雄)
・イベント「春一番」に三宅伸治BANDで出演
・アナム&マキ、仲井戸麗市、石田長生をゲストに迎え、イベント「EVERY WEDNESDAY」実施
・第2回 東京うたの日コンサートに三宅伸治BANDで出演
・ゲストにザ・クロマニヨンズ、北川悠仁(ゆず)を迎え、三宅伸治20周年記念×WYNTERLAND1周年記念EVENT 三宅伸治BAND 2DAYS~WAITING ON A FRIEND SPECIAL~を実施
・イベント「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZO」にソロで出演
・デビュー20周年記念アルバム『つづく』をTearbridge Records よりリリース
・デビュー20周年記念ライブ『BACKしよう』 SHIBUYA-AXにて開催。 出演ゲスト:アナム&マキ、石田長生、忌野清志郎、大西ユカリ、木村充揮、GO!GO!7188、 竹中直人、友部正人、仲井戸”CHABO”麗市、中ノ森BAND、藤原ヒロシ、BLACK BOTTOM BRASS BAND、 山田武郎(THEイナズマ戦隊)、Leyona(五十音順)
・ロックンロールジプシーツアー 2007
・詩集「月のメロディー」(西日本新聞社)発売
2008 ・ロックンロールジプシーツアー 2008
・リクエストライブ “Request Wednesday”を東京・名古屋・京都で開催
2009 ・ ロックンロールジプシーツアー 2009
・「Request Wednesday Solo LIVE」発売
・米国ペットフードメーカーIAMS社のインターネットムービーに、ナレーションで参加(アニマルシェルター体験記) 
・2007年9月渋谷AXで行われた三宅伸治20周年記念LIVE 「BACKしよう」がフジテレビNEXTで放送
・『ロックンロール、やってます』発売(友部正人と三宅伸治が二人だけで東京吉祥寺でライブレコーディングしたアルバム)
2010 ・ロックンロールジプシーツアー 2010
・石塚英彦デビューCD「笑っているよ」プロデュース(演奏は三宅伸治BANDが完全サポート)
・LeyonaライブDVDに「デイドリームビリーバー」で共演
・「何にもなかった日」読売テレビ放送「朝生ワイド す・またん!」の「いいことあるといいね」コーナーで使用
・4月2日 三宅伸治presents第1回『感謝の日』下北沢GARDEN NiceMiddle with New Blue Day Hones
・新曲が下北沢発音楽市場≪MAJIX≫で配信スタート!!
2011 ・Shinji Miyake 50th ANNIVERSARY“夢の歌”ツアー
・2月14日 「夢の歌」先行配信   50歳記念・50曲収録の超豪華版
・4月6日 「夢の歌」発売  三宅伸治4年ぶりのALBUMは、50歳記念、50曲入り豪華4枚組。(三宅に多大な影響を及ぼしてきたボス・忌野清志郎氏を偲んで作った「ボスのSOUL」他、スタジオ 録音された新曲30曲に加え、09年12月30日、忌野氏との共作ナンバーを弾き語りしたソロライブ「ボスとの歌」より三宅本人が厳選した20曲を収録。)
・4月2日 三宅伸治presents第2回『感謝の日』下北沢GARDEN NiceMiddle with New Blue Day Hones
【ゲスト】竹中直人 / 石塚英彦 / 宮藤官九郎
・三宅伸治チャリティCD「生きよう」発売 東日本大震災チャリティソング「生きよう」が宮城FMいずみでパワープレイ決定。
・宍戸留美新曲プロデュース「東京幻想曲」「愛のシェルター」MAJIXにて配信
・You Tubeに三宅伸治オフィシャルチャンネル登場!
・アニメーション「ぼくもくま」のナレーション担当
・夢之歌完成記念 京都磔磔五連夜 ライブ (第一夜 どぶろく [三宅伸治(Vo,Gt)&山崎まさよし(Vo,Gt)] / 中村きたろー(Ba) / 江川ゲンタ(Dr)/第ニ夜 Nice Middle with New Blue Day Horns/第三夜 三宅伸治・友部正人 ・木村充揮/第四夜 三宅伸治BAND with 伊東ミキオ(Key)/第五夜 三宅伸治BAND ゲスト:石塚英彦・ウルフルケイスケ)
2012 ・Shinji Miyake 50th ANNIVERSARY“夢の歌”ツアー
・25周年記念 オールナイトライブ「Best Shinji」開催  MOJO CLUB with 片山広明 (ライオンメリー)/ MOSAW / Shinji Miyake and His Big Band / 三宅伸治BANDゲスト:ウルフルケイスケ)/ 三宅伸治+橋本潤+伊東ミキオ
・4月2日 三宅伸治presents第3回『感謝の日』下北沢GARDEN NiceMiddle with New Blue Day Hones
【ゲスト】石塚英彦 / 石田長生 / 山崎まさよし / 鮎川誠
・『第1回 希望と太陽のロックフェス』プロデュース
・名古屋 得三 『愛と平和のほぼ1週間』
 三宅伸治BAND/梅津和時・ 石塚英彦/木村充揮/ 中村耕一/MOJO CLUB ・片山広明/MOJO CLUB ・ 友部正人
2013 ・“ 夢の歌”ツアー
・「Best Shinji “solo” Vol.1~3」発売
・4月2日 三宅伸治presents第4回『感謝の日』 下北沢GARDEN NiceMiddle with New Blue Day Hones
【ゲスト】山崎まさよし / 石塚英彦 / ユリナ / Char / 大竹しのぶ / 中村耕一
・『第2回 希望と太陽のロックフェス』プロデュース
2014 ・“ひとつづきの夢”ツアー
・石塚英彦ファーストアルバム『ロケット』プロデュース
・三宅伸治BAND「Slave」発売
・Nice Middle with NEW Blue Day アルバム発売 「LIVE!!」
・4月2日 三宅伸治presents第5回『感謝の日』SHIBUYA-AX  Nice Middle with New Blue Day Horns 
【ゲスト】 ウルフルケイスケ / ユウ / 大竹しのぶ / 大西ユカリ / 山崎まさよし / 暴動 / 木村充揮 / 石塚英彦 / 金子マリ / 仲井戸”CHABO”麗市 / 斉藤和義
・『第3回 希望と太陽のロックフェス』プロデュース
2015 ・“Hard Times,Soul Roads”ツア-
・三宅伸治BAND 夏の磔磔3days 京都・磔磔
【ゲスト】ウルフルケイスケ/MOJO CLUB with 片山広明/木村充輝、大西ユカリ、間慎太郎
・三宅伸治 夏の3days in NagoyaTOKUZO
【ゲスト】ズクナシ with 大西ユカリ/三宅伸治&THE TRAMP/中村耕一&TIMELESS BAND
・『第4回 希望と太陽のロックフェス』プロデュース